日本でのシェア率トップを誇るiPhoneについて徹底解説!

日本人はiPhone好き?

iPhoneは、日本人にとって欠かすことができないアイテムのひとつになります。もし、日本でiPhoneが発売されていなかったら、フィーチャー・フォンの時代がもう少し長く続いていたかもしれません。日本のスマートフォンの中でiPhoneが占める割合は60%を優に超えてしまいます。iPhoneが60%を超えるシェア率を誇る国は、世界中探しても見つけることはできません。

海外では、Androidスマートフォンの方が人気があります。特にSamsung、HUAWEI、ASUS、VIVO、OPPOなどのスマートフォンはリーズナブルで機能も充実していますので人気があるそうです。日本メーカーのSHARP、SONY、Google、富士通、京セラなどもスマートフォンの開発、販売を行っていますが、これらの企業と同価格帯で販売することはできません。日本のように豊かな生活を送っている国ばかりではありませんので、金銭面で最初から除外されてしまっているのです。なぜここまでiPhoneが選ばれているのかというと、iPhoneには、他のメーカーが制作したスマートフォンにはない魅力が沢山つまっているからです。

iPhoneは、世界シェアを徐々に減らされて苦境に立っている状況だともいわれています。特に現時点での最新機種であるiPhone 11シリーズは、これまでのiPhoneシリーズよりも動きが鈍く苦戦しているといった情報もあります。


《当サイト管理人のピックアップサイト》
iPhone自体に魅力があるのはもちろんのこと、万が一故障したときのサポートが充実しているのも人気の理由ではないでしょうか?AppleCareはもちろんですが、iPhone修理を行うお店もどんどん増えています。こちらの修理店はiPhone画面の修理など対応しているので、困った際には利用してみると良いでしょう →→ iPhone画面の修理